関西美入野会「いものこ会」開催される

◎平成29年10月28日(土) 大阪・京橋 25名参加

今年で2回目となる「いもの子会」を10月28日(土)大阪市内京橋居酒屋「ちくも」で開催しました。
開催直前の10月23日未明の関西美入野会現会長佐藤嘉洋さん(69期)の急逝の報を受け、「いもの子会」の中止も考えましたが、生前、佐藤会長が何よりもこの「いもの子会」を楽しみにされていたことから、「佐藤会長を偲ぶ会」として行う事としました。
当日は、現役大学生3名を含む、歳の差約70歳の関西美入野会会員とその家族、近畿秋田県人会の加藤会長も含めた総勢25名が集いました。

会の前半は、佐藤会長のご冥福をお祈りしての黙とうの後、石田幹事よりの闘病中のご様子、ご葬儀に参列した柿崎副会長よりのご葬儀のご様子紹介があり、七尾前会長の偲ぶお言葉の後で献杯を捧げました。
その後は、お酒の大好きだった佐藤会長を偲ぶ「いもの子会」に入りました。
大仙市出身の徳田商店、徳田社長のプロデュースによる、本場横手山内地区の芋の子や比内鶏、根つきセリなどを使った味噌仕立て、醤油仕立てのいもの子汁や、きりたんぽ鍋、いぶりがっこ、なすの花寿司、筋子飯など肴に、秋田の地酒で大いに盛り上がりました。

最後に団歌、校歌を皆で歌った後、名誉顧問の鈴木捷さん(46期)の大阪締めでお開きとなりました。やはり、ふるさとを遠く離れていても、いもの子汁を食べると昔に返ると皆さんに大変喜んで頂けたと思っております。

故佐藤会長のご冥福をお祈りします

文責:柴田拓(73期)