湯沢雄勝美入野会開催される

日時:平成25年11月30日(土) 
場所:大阪天満橋「大阪キャッスルホテル」


 11月30日土)午後4時30分から、大阪天満橋「大阪キャッスルホテル」に於いて、関西地区会
員43期から89期まで26名が参加して平成25年関西美入野会総会が開催された。

第一部は戎谷鎮雄(57期)副会長の総合司会で、七尾隆太(57期)会長挨拶、戸部尚武(56期)美入野会事務局長、畠山圭司秋田県人会長から来賓挨拶があり、総会議事に入る。
鈴木茂夫(65期)幹事長から24年度事業報告、滝沢茂(75期)幹事から決算報告、鈴木幹事長から25年度事業:計画案、滝沢幹事から予算案、鈴木幹事長から記念植樹費用処理案が提案され 原案通り可決された。

 第二部は午後5時15分から鈴木幹事長司会で記念講演会。講演者は副幹事長佐藤嘉洋(69期)大阪市立大学工学研究科教授。演題は「金属材料の微生物腐食」。かなり専門的な微生物研究の講演であったが会員は熱心に聞いており最後には質問もあった。
講師の佐藤嘉洋先生は横手市十文字生まれ、横手高校卒業、東北大学工学部金属加工学科卒業、東北大学大学院で「アーク溶接過程鋼溶接金属の酸素吸収におよぼすケイ素、マンガンおよびアルミニウムの影響」で学位論文。東北大学工学部助手、助教授。大阪市立大学工学部助教授、教授。現在の専門は、材料加工学、材料科学。材料と生物との相互作用の研究。

 第三部は午後6時10分から滝沢茂(73期)、柴田拓(75期)司会により懇親会。全員起立して一番から四番まで声高らかに、万感の思いを込めて横手高校校歌斉唱。安田和雄(43期)名誉顧問が乾杯、歓談に入る。
89期から43期まで一人一人参加者全員がステージに上がり近況報告。和やかに、高校時代に思いを馳せ、懐かしみ、聞き入っていた。
応援団歌、野球部歌を全員起立し、ステージに3名上がり指揮をとり、気合いを掛け、腹の底から精一杯声を張り上げ高校時代を思い浮かべ斉唱。
鈴木捷(46期)顧問の中締めで午後8時、名残惜しくも、来年度の再会を約し解散する。

 

横手高校美入野会事務局長 戸部尚武記

仙台美入野会

仙台美入野会総会

仙台美入野会懇親会