関西美入野会の会長以下有志は、関西を修学旅行で訪れていた母校の修学旅行生(2年生235名)を京都の宿舎に訪ね激励しました。
当日は、引率の佐々木均先生(副校長)、高橋史先生(2学年主任)のお二人の先生と懇談して最近の横手高校の様子などを伺い、その後、19:30頃から40名の生徒達(班長)と懇談しました。
七尾会長からは、関西は東北とも違う良い面があるので関西を楽しんで欲しいという挨拶があり、その後、各関西美入野会会員有志より、自己紹介と関西の大学の魅力などについて紹介しました。最後に生徒の代表から訪問に対する丁重なお礼がありました。
生徒の皆さんには、月村雅紀氏(大塚製薬勤務:69期)にご準備頂いた大塚製薬の「SOYJOY」をお土産として渡しました。
今回の激励訪問に際し、企画段階から大変なご尽力を頂きました本部の戸部事務局長様や、当日には大変お忙しいところご対応いただきました佐々木副校長先生はじめご引率の先生各位には厚く御礼申し上げます。
関西美入野会としては、今後も修学旅行生への激励訪問を継続し、生の関西の魅力、関西の大学の魅力などをお伝えし、母校後輩たちの将来設計の参考に供することができればと思っております。

(文責:鈴木65期)