9月5日(土)午後3時から横手市平和町「松與会館」に於いて平成27年度横手高校美入野会総会が、57,67,77,87期が当番幹事となり、総会163名、懇親会160名が参加し盛大に開催された。
 小田島容子67期当番幹事の司会で、開会に先立ち全員で物故者に対する黙祷、59期小原庸補副会長開会の言葉、58期多賀糸敏雄会長挨拶、71期古関秀行横手高校長挨拶、63期手塚慶一東京美入野同窓会会長来賓挨拶、65期菊地美知子副会長から来賓紹介があり、多賀糸敏雄会長が議長となり議事に入った。
 56期戸部尚武美事務局長から平成26年度事業報告、70期菅原晃横手高校事務長から会計収支決算報告、戸部事務局長から27年度事業計画案、菅原事務長から予算案が提出され全て原案通りに採択された。
 戸部事務局長から、母校が平成30年創立120周年を迎えることに伴い120周年記念事業準備委員会、実行委員会を立ち上げる案、美入野会規約第1章、第2条目的に「地域貢献」を加える案が提案され何れも承認された。
 役員改選期に当たり平成27・28年度役員が決定した。新旧役員(小原庸補・武田捷旧副会長、松岡泰・阿部和夫新副会長)の挨拶があり60期武田捷副会長の閉会の言葉で総会を終えた
 午後4時30分より会場を移動し、懇親会に入る。懇親会の総合司会は77期小西正一郎代表幹事。
56期高久臣一副会長の開会宣言、67期鶴田有司幹事が代表の「横手マンドリンクラブ演奏」、横手高校校歌、マンドリンセレナーデ、マイウエイ、雪国、眠れる森の美女を演奏。大きな感動を与え、拍手喝采、鳴りやまなかった。全員起立して横手高校校歌を一番から四番まで腹の底から,声高らかに斉唱した。会場いっぱいに鳴り響き、歌い終わったそれぞれが満足げであった。
 同窓会旗の引き継ぎ。今年度当番幹事の47,57,67,77,87期の参加者全員起立、続いて来年度当番幹事の58,68,78,88期の参加者全員起立、代表して57期代表幹事川越良明、58期代表幹事柴田恵吉、多賀糸会長の三58,68,78,88期の参加者全員起立、代表して57期代表幹事川越良明、58期代表幹事柴田恵吉、多賀糸会長の三人がステージに登壇。同窓会旗が戸部事務局長から今年度当番幹事の川越57期代表幹事へ、57期川越代表幹事から多賀糸会長へ、多賀糸会長から来年度当番幹事58期柴田代表幹事へ、柴田代表幹事から戸部事務局長に手渡され会場の大きな拍手を頂き、無事引き継ぎを終える。
 59期堀川輝男北海道美入野会会長からお祝いの言葉、57期七尾隆太美入野会会長の発声で乾杯、懇親会に入る。寺田学衆議院議員スピーチ、最後には全員起立して団歌斉唱、名残惜しくも63期池田泰久副会長の中締めの乾杯、午後7時閉宴。来年の再会を約束し散会する。

美入野に学びし若人集い来る 校歌歌いて昔をしのぶ

                                   事務局長 56期 戸部尚武記