平成28年度 第69回秋季東北地区高校野球大会が、10月14日山形県荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(山形県野球場)と、天童市スポーツセンター野球場で各県予選を勝ち抜いた18チームが参加して開催された。
 横手高校は12年ぶり4回目の東北大会出場で、二回戦青森県第三代表の弘前東を4対2で破り秋の東北大会初勝利、準々決勝山形県第二代表の酒田南と対戦、一回裏大チャンスを生かせず、最終回2アウトから4点入れて、2点差まで攻めよったが残塁1,2塁で惜敗、ベスト8となった。
 前日山形県第一代表日大山形に秋田県第二代表大曲工業高校が4対1で勝っているだけに山形県第二代表に負けたことは残念である。
 多くの横手高校OB、保護者、地元から応援に駆けつけていた。春センバツ高校野球、21世紀枠での甲子園初出場に望みをかけたい。

 美入野会事務局長 56期 戸部尚武記

 横手は三回の好機で一気に4得点し、粘る青森県第三代表弘前東を振り切った。 横手は三回、単打や四球などで無死ニ、三塁とし捕逸の間に先制。その後も菅原の2点適時三塁打、伊藤蓮の犠飛でリードを広げた。貴俵は打たせて取る投球で被安打3に抑える好投。六、八回に1点ずつ奪われたが、それぞれ後続を断ち、追いつかせなかった。 弘前東の鳥谷部は三回に制球が乱れ、4失点。その後は救援の須藤玲が無失点に抑えたが、打線の援護を得られなかった。

 横手の主戦・貴俵健が弘前東打線を3安打に抑える好投を見せた。横手にとっては秋の東北大会初勝利。記念すべき勝利に押切信人監督は「ピンチで粘った貴俵の投球が大きかった」とたたえた。
 序盤から落ち着いたマウンドさばきを見せた。相手打線を五回まで無安打に抑えた。横手守備陣は4失策を重ねたが、貴俵は表情を変えず淡々と投げ続けた。「制球で勝負することだけを考えていた」と話すように、徹底的に低めを突いて長打、連打を許さなかった。
 3点リードで迎えた八回。単打と死球で1死一、二塁となり、失策の間に1点を失った。だが、ここでも動揺することなく、後続を打ち取ってリードを守った。
 県大会後は下半身を強化し、投球練習では厳しいコースを突くことを意識してきた。その結果「ボールが浮くことが少なくなった」と捕手の藤田優人。
 次戦は強豪・青森山田を下した酒田南とぶつかる。伊藤蓮主将は「実力は完全に相手が上だと思うが、ここで勝てば甲子園が見えてくる。挑戦者として、全員が一丸となって戦う」と話した。

 1回表酒田南2アウト2,3塁と先制点のチャンス、横手貴俵投手がよく粘り0点で抑える。一回の裏横手が先頭打者右前ヒット、二番ノーアウト1ストライク3ボール絶好のチャンスを迎えた。どうしたことか1塁走者牽制球でアウト、二番打者四死球で1アウト1.塁、またもや牽制球に引っかかり2アウト、一気に流れが変わった。残念な、ゲームを左右した一回裏の攻撃であった。
 五回途中大ピンチで貴俵に代わって登板した主将伊藤蓮投手、六回以降九回まで酒田南に打たせず三者凡退に抑える好投しただけに残念な試合であった。  横手は九回に猛追したが、中盤の大量失点が響き酒田南に屈した。
 横手は二回2死二塁から適時打で先制され、四回には適時打2本や押し出し四球で一気に4失点。五回にも長打を足掛かりに1点を奪われ、主導権を握られた。打線は九回に3連続四球で2死満塁とし、藤田が勝負強く走者一掃の三塁打、好機を広げた後に松井が適時打を放ち4点を奪ったが、ここまでだった。
 酒田南は、先発の中西が八回まで3安打無失点に抑える好投を見せ、試合を優位に運んだ。

 

 6点ビハインドの9回2死無走者。横手は土俵際で粘りを見せ、相手投手に食らいついた。酒田南の2番手投手の制球が乱れ、3連続四死球で満塁。藤田優人が適時三塁打、四球を挟んで松井健吾が適時打を放ち、なおも一、二塁と追い付くチャンスをつくった。 残念ながら反撃はここで終わったが、意地は見せた。押切信人監督は「打線の積極性が光った。あと一歩だった」と悔しがった。
 捕手の藤田はリードで投手を助けられず、歯がゆい思いを抱いていた。四回のピンチで先発の貴俵健に厳しくコースを突くよう要求。だが、それが裏目に出て四球で走者をためることになり、4失点につながった。
打者としても、七回の2死満塁で投ゴロに倒れていた。「チャンスで打っていたら、ピンチでタイムを取っていれば、と後悔ばかりが残った」と振り返った。
 横手は県大会4試合と東北大会2回戦の計5試合中4試合で先制しており、先行逃げ切りを勝ちパターンにしていた。しかし酒田南戦では相手バッテリーの巧みな配球に狙い球を絞れず、八回まで無得点。守備で粘れず大きくリードを許す展開となった。
 打開策を見いだせないまま試合が進んだことについて、伊藤蓮主将は「劣勢の中でどう勝機を見つけていくかが課題になった。主戦の貴俵の負担を軽くできるよう、攻守で鍛え直したい」と語った。