会長挨拶

御礼とご報告

会員のみなさま、こんにちは!残暑お見舞い申し上げます。
先日9月5日(例年通りの第一土曜日)に当会の総会を開催致しました。
新型コロナウイルスの拡散で大変な状況の中、事前の会議では多くの意見や提案をいただきましたが結論は、出来る限りの対策をして実行しようという事になりました。その総会の模様については、アップしてある通りですのでご覧ください!

木村利夫学校長からは後輩達(在校生)の現状についての報告がありました。
多くの大会等が中止になり残念だったことや、せっかく再開した御岳登山も豪雨災害で登山道が崩れて登れなくなった事等、しかし、「広げよう社会的距離、近づけよう心の距離」は、コロナ禍の中、生徒会が美入野祭に代わる「美入野総合祭」での、たくましい生徒達のキャッチフレーズです・・・と、お話がありました。また、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の報告もありました。

さて、本題の総会での議事は、大きくは昨年の会則改正による組織にそった美入野会の運営、17000余名への年会費の納入依頼をした結果、決算までに600万円ほどの振り込みがあったことの決算報告、令和2年度の事業計画案、事業予算案の審議、質疑応答後、賛成多数で議案はすべて承認されました。今後、委員会毎に予定事案等を検討し、具体化してまいります。どうかご協力のほどよろしくお願い致します。出来る限り、このホームページ上で報告してまいりますので、見逃さずご覧いただければありがく存じます。

美入野会組織図役員、委員会名簿等も更新しております。支部活動についても、その都度アップするよう努力してまいります。
いよいよ、学校建築が来月10月から始まります。当会としても出来る限り、母校への協力をしてまいる方向で検討してまいります。
今後の会員各位のご健勝とご多幸を祈念し、報告といたします。

2020年9月11日
美入野会会長 多賀糸 敏雄