会長挨拶

御礼とご報告

 会員のみなさま、母校120周年記念事業、行事には、物心両面のご協力、ご支援を賜りまことにありがとうございました。昨年9月の総会において周年行事と美入野会の決算報告そして新予算のご承認をいただきました。また、これからの美入野会の発展のために、会則改正案を審議いただき質疑応答を経て、新会則を決定させていただきました。
つきましては、二千円の年会費を納入いただき、美入野会の運営を目的、目標にそって進めてまいりたいと思います。いよいよ母校の新築工事が始まります。教育棟は令和4年、全体工事完了は令和8年という計画と聞いております。
 今迄の美入野会の収入予算では、全く学校からの要望にお応えすることが出来ない状態であります。会運営の活性化のためにも、どうかご理解いただき、年会費のご協力をお願い申し上げます。納入案内等は近々に郵送させていただきます。新組織等はホームページにアップしてありますのでご覧ください。
 さて、令和元年度の卒業式は全日制・定時制共、卒業生と教職員のみでの挙行されました。また令和2年度の入学式も、新入生と教職員、保護者での挙式でした。来賓不参加でしたので、それぞれ祝辞や祝電は美入野会よりお届けしてあります。
 母校のホームページ、木村校長先生のあいさつにありますように、SSHスーパーサイエンスハイスクールの指定を受けて3年目になりますが、エビデンスとされる教育研究は、特に社会的活用を目的として行われており、既存の高校生としての学業の他にチャレンジしているわけですから大変です。国際社会で活躍するグローバルサイエンスリーダーの育成をテーマに取り組んでいるようです。期待しつつも、健康・体力が心配です。
しかし「剛健質朴・青雲の志・天祐自助」の伝統的教育目標を目指し自ら鍛えながら、是非青春を謳歌してもらいたいものです。

美入野会
会長 多賀糸 敏雄